荒尾梨 カテゴリ

荒尾ジャンボ梨(新高梨)の品評会

2013-10-02

H25年9月28日(土)

本格的に荒尾ジャンボ梨の出荷がはじまるこの日

荒尾ジャンボ梨(新高梨)の品評会があらおシティーモールにて行われました。

約90軒の農家さんより、自慢の一品を出品します。
サイズは統一で、梨箱7.5K箱に10個はいるサイズ

梨の見た目の美しさ、糖度、果肉のよさなどが審査項目になっているそうです。

 厳正なる審査が行われ、今年の入賞者が決まりました。
今年は、夏の暑さの為、糖度が高く美味しい梨ができているようです。

この日は、あらおシティーモールの前テントにて
品評会に出品された選りすぐりの梨や、梨部会の青年部で育てた梨の販売が行われました。

試食で今年の出来を確認(#^.^#)

いよいよ、荒尾ジャンボ梨本番です!

※これは、今年度 大きさだけを競う、『ジャンボ賞』を受賞した梨です。
カードは名刺サイズ!

観光協会では、今年も『荒尾梨でおもてなしキャンペーン』
開催中!詳しくはHPをごらんください。↑

 

荒尾ジャンボ梨!最盛期です☆

2012-10-08

今、荒尾は梨の生産真っ盛り!
『荒尾ジャンボ梨(新高)』が市内の直売所の店頭に並んでいます。

大きいものは、赤ちゃんの頭ほどの大きさにもなりますよ!
どんなにおっきいかというと、8月に収穫される「豊水梨」と比べると、

どーーーーん!っと

こんなにも違うんです!重さも

ズッシリ。(↑のサイズで1.1㌔、13cm)

ボーリングでもできそうな感じです。いいすぎか・・・

もちろん、大きさだけでなく、美味しさも「とびきり」です
”完熟&朝もぎ”をモットにした荒尾では、水分たっぷり、うま味たっぷりの梨が直売所に並びますよ。
ぜひ、荒尾の直売所にお越しください

荒尾梨でおもてなしHP(10月31日までキャンペーン実施中)

梨のもぎ取り、梨の直場所情報

梨日記~収穫

2012-08-15

いよいよ、収穫の時期がやってきました~♪

大事に大事に育ててきた『梨』たちが旅立ちます。
びっしり、袋にくるまれた梨たち

 こうすることで、色むらや害虫からの攻撃を防ぎます。

梨をグッともって

上に押し上げます。

パキっと枝が折れる音がして、ドキッとしますが、これでOK!

袋の中から、プリッとしたカワイイ梨がお顔をだします。

荒尾の梨は基本が朝どり!
新鮮な梨たちが直売所に並びますよ。

この『旬』のシーズンをお見逃しなく☆

梨日記~摘果

2012-06-17

梅雨の時期の到来ですね。
この雨で樹木や植物はスクスク育ちます。

梨も。おなじく

少し前ですが、この成長の前の摘果作業を見てきました☆
じゃーん!梨の赤ちゃんです。

コロコロしてはち切れそうな梨の赤ちゃんたち。
とってもかわいいです。

みてわかるように、1個ずつ形が異なります。
形のいい大きなものを育てるために、この時点で『まんまる』だけ残していく作業を行います。

これが摘果です。

摘果前

 チョッキン。チョッキン。

摘果後

ここに残ったのは1個だけ。選び抜かれたこのコが、大きなジャンボ梨へと育っていくのです。
厳しーいですね!地面にはこんなに摘果された梨たちが・・・

さて、この梨の赤ちゃん。
中身はどうなってるのかなーと割ってみると
中もシッカリ『梨』でした。
味は、んーよくわかりませんでした。ただ、甘くはないかな。

梨園は、今の時期、葉が覆い茂り適度な木陰ができて
とても気持ちの良い場所でした☆

次は、この梨の赤ちゃんを大切に大切に育てるための『袋』をかけていく作業をお伝えします♪

梨日記~花粉付け・肥料

2012-04-29

熊本の荒尾市では、強い日差しがさし、
春というより、もう夏??というような陽気です。

梨日記~『花粉付け・肥料』編です☆
花が咲いたら、花粉付け作業にとりかかります!
クドイようですが、ここがスピード勝負!!!
花が散る前に広大な梨畑の花の一つひとつに花粉付けです。

①花の乾燥・・・花たちを広げて、自然乾燥します。

②粉砕・・・花を機械に投入し、粉砕します。

③ふるいにかける・・・粉砕したものをふるいにかけて、花粉とその他の花びらやがくとで分別します。

                    ふるう          →         花粉          →      その他(花びらやガク)
  

④花粉の乾燥・・・専用の乾燥機で24Hほど花粉を乾燥させると、ピンクに見えてた花粉が黄色くなってきます。

⑤花粉付け・・・いよいよ花粉つけ、このピンクのボンボン♪
 『ボンテン』と言うそうですが、これで花ひとつひとつに花粉をつけます。
梨農家さんによっては花粉をつけたことがわかるように、ピンクの粉を目印につけたりするようですよ。

そして、最後に肥料まきの作業。梨棚は低いので少し屈みながらの作業です。これが結構ハードなんです。

今年は、花粉付けの時期に雨が少なく、受粉作業がしっかりできたので、梨作りは順調と言うことです^^
では、次は摘果、梨の赤ちゃんの誕生ですよ☆

梨日記~芽がけ・開花

2012-04-17

もう、すっかり春の陽気ですね。
桜も散り、新芽のキミドリが顔をだす季節となりました。

梨日記~『芽がけ・開花』編です。

梨の花が咲くと、一斉に受粉作業がスタートします。
この受粉作業で、今年の梨の出来が決まる!!と言ってもいいほど重要な作業です。

自然界では、ミツバチさんが花粉を運んで~♪なんてことになっていますが、
そんな悠長なことは言ってられません!まばらになっちゃうし、受粉前に花が終わっちゃうことも
それに梨園というものは、とぉーっても広い敷地なため、1つ1つの花に受粉するなんて膨大な時間がかかります。

そこで、すこしでも効率を上げるために、梨園の一部だけこうやってビニールで温室をつくり・・・

先に花を咲かせて『受粉用花粉』を準備しておくのです。

桜があっという間に終わるように、梨の花もあっという間に終わっちゃいます。
先週、こんなにきれいに咲きはじめた花たちもそろそろ終わりです。。。

 

真っ白に覆われた荒尾の梨畑を眺めると、スゥーと清らかな気持ちになるよーな気がします。
梨農家さんによると、夜の月明かりに照らされた一面の梨畑は、この世とは思えないほどの美しさだそうです。
一度、見てみたいものですね。

では次は、開花の後の花粉付け作業をお伝えしますね~♪

 

 

梨日記~剪定・誘引

2012-03-18

ここ、熊本県の荒尾市には「荒尾ジャンボ梨」というブランドの梨があります。
品種は「新高」。味、大きさともに梨の王様といわれています。

収穫時期は、9月下旬から10月いっぱいですが、梨がとっても美味しくなるためには
梨農家さんたちは収穫までにはいろんな準備が必要になります。

これから収穫まで、その膨大な作業の一部を紹介したいと思います。 

まずは、「剪定・誘引」編♪(12月~3月中旬くらい)

梨の収穫が終わり、葉が落ちた木の幹からは、次の準備のために沢山の枝が伸びていきます。
この枝たちを落として、必要なものだけを残して1本ずつ手作業でカットしていきます。
これがまた・・・。枝は硬くて太いんです。

ちょっと曇りで見にくいけど、真ん中の枝だけカットしてもらいました。

カット前

 

 

  カット後

 

 

 

これで、一つの幹から落ちた枝たち。1本の木からは両手で抱えきれないくらいになります。

 

 

 

でも、この作業をすることで、この赤丸の芽に、栄養を集中でき、美味しい梨を作ることになります。

これら作業が、1日ビッシリがんばって3本くらい。

もし、300本あると、100日もかかっちゃうことになります。

 地味ですが、とっても大変な作業なんです。
枝もこんなに大きくて、硬い・・・・小型ののこぎりや剪定はさみなどでカットします。

 

 

 

 そして、残った枝たちはこのように、広げたい方向に引っ張って、作業しやすい梨棚になるようにします。
この作業が「誘引」です。

 

 

 

次は、そろそろ花が咲き始めるので、受粉作業です。これが、スピード勝負!梨農家さんたちはピリピリです。
では、花の時期にまたお知らせしますね☆

梨ボーロ☆新発売!

2012-02-01

荒尾といえば、梨☆

この度、新食感の梨のお菓子が新たに加わりましたよ!

その名も『梨ボーロ』

  

  

 

  ボーロの真ん中には、荒尾梨のコンポート
しっとり、モチっとした食感でやさしい甘さです。

黒糖のほのかな香りが鼻にぬけて、幸せ気分♪♪

珈琲にも、紅茶にも、もちろん日本茶にもあうお菓子です。

 

 

 

  価格は、1個100円 5個入箱で500円

食いしん坊な私にも大満足なボリュームでした^^

ご自宅用にも、もちろんお土産にもどうぞご利用ください。

販売は↓コチラです。

万田坑ステーション

荒尾市観光物産館

◆パティスリーHimaki
  熊本県荒尾市東屋形2丁目3番地1 ℡0968-64-7112

大きな地図で見る

見る 知る 楽しむ 体験 食べる 泊る

旅の思い出やお土産にぴったり!荒尾の特産品

観光パンフレット イベントカレンダー 観光協会のブログ