• あらおの観光情報
  • あらおの観光プラン
  • あらおの特産品
  • イベントカレンダー
  • お問合せ

子どもたちの「こころ」を育てる荒尾と近隣市町の教育旅行プログラム

「観光協会おすすめプラン」いろいろあって迷う!
そんな人にはこのコース!

旅の思い出やお土産にぴったり!荒尾の特産品

観光パンフレットイベントカレンダー 観光協会のブログ

現在地:ホームあらおの観光情報>三の宮古墳

  • 知る
  • 楽しむ
  • 体験
  • 食べる
  • 泊まる

三の宮古墳
三の宮古墳

石人も発見された前方後円墳

荒尾市唯一の前方後円墳で、後円部の直径は23m、高さ6m、前方部の長さは37m、高さは2.3m。
現在残されている古墳の全長は60mですが、完成した当時(おおよそ6世紀初め)は約80mあったと考えられています。前方部に建つ三の宮神社に残されている古墳の一部と考えられる石材には赤の顔料が使われた跡があり、装飾古墳の可能性が高いと考えられています。国の重要美術品と熊本県の重要文化財に指定されている武装石人も発見されています。

より大きな地図で あらおを知る を表示