• あらおの観光情報
  • あらおの観光プラン
  • あらおの特産品
  • イベントカレンダー
  • お問合せ

子どもたちの「こころ」を育てる荒尾と近隣市町の教育旅行プログラム

「観光協会おすすめプラン」いろいろあって迷う!
そんな人にはこのコース!

旅の思い出やお土産にぴったり!荒尾の特産品

観光パンフレットイベントカレンダー 観光協会のブログ

現在地:ホームあらおの観光情報>万田坑

  • 知る
  • 楽しむ
  • 体験
  • 食べる
  • 泊まる

万田坑
万田坑

世界文化遺産登録!
日本の近代成長を支えた産業遺産

100余年前の最先端技術が集結

石炭は、日本の産業革命を支え、近代日本の礎を築く源となったエネルギーです。荒尾市と、隣接する福岡県大牟田市にまたがって隆盛を極めたのが三池炭鉱。その中心的存在が、明治の頃の技術の粋を集めて建造された日本最大規模の2つの竪坑を持つ「万田坑」でした。1800年代の終わりから1900年代初めにかけて2つの竪坑が建造され、設備や機械も充実し、1900年代前半に採炭は最盛期を迎え、日本の産業振興を支えました。
しかし、1900年代後半に入ると採炭効率が低下。また、世界のエネルギーの主役が石炭から石油に移行したこともあり、1951年に採炭が終了し、1997年、ついに万田坑は閉山となってしまいました。

世界文化遺産登録を果たす

炭鉱が閉山となったのち、万田坑は、日本の近代化を支えた場所の一つとして国の重要文化財と史跡に指定され、現存する施設や機械は今も大切に保存されています。また、この万田坑をはじめとした、日本の近代化になくてはならなかった近代産業遺産が荒尾市や大牟田市には数多く残り、『九州・山口の近代化産業遺産群』として、ユネスコ世界遺産暫定リストに登録、2015年7月に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産への登録されることとなりました。

喜びや苦労を今に伝える

保存されているレンガ造りの重厚な建物そのものも見ごたえがありますが、炭鉱マンたちが地底と地上を行き来した坑口や、巨大な機械が残された機械室なども迫力満点です。
1908年に完成した第二竪坑櫓は、ケージ(昇降用エレベーター)が吊り下げられ、炭鉱マンの昇降や資材の運搬に使われていました。現在は埋め立てられていますが、炭鉱が稼働していた頃は深さ264mもある竪穴がありました。炭鉱マン達が当時使っていた木製のロッカーやヘルメットなども無造作に置かれたままで、石炭が産業振興を支えた全盛期の賑わいをしのばせてくれます。
万田坑近くにある「万田坑ステーション」にはたくさんの資料や写真が展示され、炭鉱マンや技術者たちがともにした苦労や喜びを今に伝えています。


        

見学ご希望の方はこちらをご覧ください。

荒尾市ホームページ”万田坑の見学について”→http://www.city.arao.lg.jp/q/aview/391/3242.html
          
名称万田坑/万田坑ステーション ご見学等、詳細については万田坑ホームページへ!→http://www.city.arao.lg.jp/mandako/
場所熊本県荒尾市原万田200-2
電話番号0968-57-9155
営業時間AM9:30~PM5:00
(有料区域への入場はPM4:30まで)
休み月曜(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~1月3日)
入場料小中学生1人200円(団体は20名以上1人160円)
高校生1人300円(団体は20名以上1人240円)
大人1人410円(団体は20名以上1人320円)
より大きな地図で あらおを知る を表示