• あらおの観光情報
  • あらおの観光プラン
  • あらおの特産品
  • イベントカレンダー
  • お問合せ

子どもたちの「こころ」を育てる荒尾と近隣市町の教育旅行プログラム

「観光協会おすすめプラン」いろいろあって迷う!
そんな人にはこのコース!

旅の思い出やお土産にぴったり!荒尾の特産品

観光パンフレットイベントカレンダー 観光協会のブログ

現在地:ホームあらおの観光情報>賀庭寺古塔群

  • 知る
  • 楽しむ
  • 体験
  • 食べる
  • 泊まる

賀庭寺古塔群
賀庭寺古塔群

壮大な寺院をしのぶ古塔群

賀庭寺は、保元年間(1156~59)に、平重盛の祈願寺として建てられました。隆盛を極めた頃には広大な敷地に7つの伽藍があり薬師如来が安置されていたほか、各地から修行のために集まった僧や修験者のために、44もの坊を備えていたと伝えられています。
現在は、五輪塔118基、宝塔41基、板碑3基、碑伝型板碑1基が残され、古塔群として熊本県の重要文化財に指定されています。

より大きな地図で あらおを知る を表示